特典情報

「ジャガー・Eタイプ」組み立てレポート 第4回

ジャガー・Eタイプ第4号

モデル組み立てにもだんだん慣れてきた気がする第4回。
今回は細かいパーツがたくさん!
第3回でセットされていたスペアタイアのホイールを作るようです。

4号(2018/6/26)

ジャガー・Eタイプ第4号内容
  • インナースポーク(48本)
  • ホイールリム(アウター)
  • スポーク保持リング
  • ホイールセンター
  • ホイール組み立て用治具
  • 組み立て用ピンセット
  • TP1.8×3.5Sネジ(4+予備1)

今号で使用する道具

  • プラスドライバー(00番)※第1号
  • 両面テープ
  • つまようじ

新たな道具としてピンセットと治具(治具)がセットされていました。
ピンセットはこの先端がポイントのようです。

ジャガー・Eタイプ第4号ピンセット

ジグを使ってスポークを組み立てていきます。
まずはホイールセンターとホイールリムをはめます。

ジャガー・Eタイプ第4号ホイール

スポークを仮止めするための両面テープを細く切り出します。
1.5〜2mm幅はなかなか難しい!

ジャガー・Eタイプ第4号両面テープ

両面テープをリムの溝に貼ったら、スポークを一つひとつ入れていきます。
先が曲がっているので、向きに注意してはめます。
細かい作業で、集中力が必要です……!

ジャガー・Eタイプ第4号スポーク01

一段めが終わったところ。
ここまで、結構時間がかかりました。
リムの溝に入れた両面テープがしっかりついていないと、スポークをはめているそばから他のスポークがずれていってしまいます。
両面テープをしっかり使うことがポイントかもしれません。

ジャガー・Eタイプ第4号スポーク02

さて、2段め。
ここまで、付属のピンセットを使ってはめていたのですが……
ホイールセンターの小さな穴にスポークを通すときは素手で、通した穴からスポークを引き出すときはピンセットで作業するとスムーズなことを発見!
(あくまで個人的な感想ですが……)
この方法にしてから、ぐっと作業時間が短くなりました。

ジャガー・Eタイプ第4号スポーク03

そうこうしているうちに2段めも完成!
スポーク保持リングをはめて、今回の作業は終了です。
お疲れ様でした!

ジャガー・Eタイプ第4号スポーク04

細かい作業が続き、なかなか組み立てごたえのある号でした。
今回作ったのはスペアタイヤのホイール……ということは、あと4つ組み立てる必要があるのですね……。
それだけ本物に忠実されているということなのでしょう。タイヤになったところを早く見てみたいです。
きっと次回のホイールはスムーズに組み立てられるはず! と気を取り直して
また次回お会いしましょう!