特典情報

「ジャガー・Eタイプ」組み立てレポート 第19回

COURSE BENEFIT

今回は前号までに組み立てたフリントサブフレームに、さらにパーツを取り付けていきます。
この組み立てで右側フロントの足回りを完成させることができるのだとか。
細かいパーツが多いのでなくさないように気をつけつつの組み立てでした!

27号〜28号(2018/12/14・21)

ジャガー・Eタイプ第27号内容
  • 27号
  • サスペンションアップライト(R)
  • ブレーキディスク
  • ブレーキキャリバー(R)
  • サスペンションブッシュ×2
  • ショックアブソーバー
  • コイルスプリング
  • ダンパー
  • ピボットピン
  • MP1.8×4.5Kネジ(1+予備1)
  • TW2.3×3.0Kネジ(1+予備1)
  • TW2.3×5.0Kネジ(2+予備1)
  •  
  • 28号
  • サスペンションアップライト(L)
  • ブレーキディスク
  • ブレーキキャリバー(L)
  • サスペンションブッシュ×2
  • ショックアブソーバー
  • コイルスプリング
  • ダンパー
  • ピボットピン
  • MP1.8×4.5Kネジ(1+予備1)
  • TW2.3×3.0Kネジ(1+予備1)
  • TW2.3×5.0Kネジ(2+予備1)

まずはブレーキディスクとブレーキキャリバーを組み合わせ、ねじ止めします。さらにサスペンションアップライト(R)に取り付けたら、いよいよサスアームへの取り付けです。
それぞれの突起と穴がきちんと組み合わさるように取り付けます。

サスアームへ取り付け

ネジなど細かいパーツを取り付けると、スムーズに回転するようになります。

続いてはショックアブソーバーの組み立てです。
まずはショックアブソーバーのパーツをサスアームに取り付け、その中にバネを仕込んでいきます。
ネジで留めたら、右側の足回りの完成です。
同様に28号のパーツを組み立て、左側の足回りを組み立てます。

サスアームへ取り付け

この部分はサスペンションによりわずかに上下に動き、ステアリング操作で左右方向へ動きます。一気にクルマっぽい動きができるようになりました。

100サスアームへ取り付け

先日実家へ帰ったとき、父が「クルマのショックアブソーバーが壊れちゃったんだよねぇ」と話していて、確かに乗ってみるとガタガタと上下に揺れます。
今回この組み立てをしてみて、「ここの仕組みで快適なドライブが生まれるのね〜」と感心しました。
こんな経験があると、ぐっと組み立てに興味が湧いていますね。
実家のクルマは修理に出し、先日無事に戻ってきました。普段は意識してなかったけど、やっぱり乗り心地って大事!

それでは、また次回お会いしましょう!