特典情報

「ジャガー・Eタイプ」組み立てレポート 第28回

COURSE BENEFIT

今回から、右前輪用のタイヤの組み立てに入っていきます。

39号(2019/3/8)

  • ホイール組み立て用治具
  • ホイールセンター
  • ホイールリム
  • インナースポーク(24×2)
  • スポーク保持リング
  • TP1.8×3.5Sネジ(4本+予備1)

スペアタイヤを一度制作しましたが、少し違いがあるそうです。しかし、スポークホイールは共通仕様となっています。

フロントセクション

ホイール組み立て用治具にホイールセンターを組み込みます。ホイールセンターとホイールリムがかっちりとはまるようにして、セットします。
幅を約2㎜程度にカットした両面テープを爪楊枝などの細いものでホイールリムの内側へと巻いていきます。この時、できるだけ、溝に添わせるようにして貼っていきましょう。次の工程が少しやりやすくなります。

フロントバルクヘッド

インナースポークのカギ型になっている先端を下段の穴へと通していき、両面テープへと張り付けていきます。この作業を繰り返し、下段の穴をすべて埋めます。目の疲れる作業ですが、達成感はすごいです。頑張りましょう。

今度は、上段の穴へカギ型を先端にして通していきます。この時、下段のスポークと向きが逆になるように引っ張り出しましょう。同じようにすべての穴を埋めていきます。一度やり遂げたことは何度だってできます。頑張りましょう。

フロントバルクヘッド

スポーク保持リングの突起とホイールリムを合わせて、ねじ止めをおこなっていきます。


今回の作業はここまでです。
本誌にはタイヤの選び方が書かれていました。いくつかのタイプがあるそうです。
次回は引き続き、ホイールを制作していきます。

それでは、次回また、お会いしましょう。