特典情報

「ジャガー・Eタイプ」組み立てレポート 第31回

今回制作していくのはリアドライブユニットとなります。エンジンからの動力をプロペラシャフトを介して、後輪へと伝えていくデファレンシャルギアが収められています。

44号(2019/4/12)

  • デフケース(上)
  • デフケース(下)
  • リアブレーキ(右)
  • リアブレーキ(左)
  • ユニバーサルジョイント(右)
  • ユニバーサルジョイント(左)
  • ボンネットキャッチ
  • TP1.8×3.5Kネジ(1+予備1)
  • TP2.3×4.0Kネジ(3+予備1)
フロントセクション

今回使用するパーツは左・右があるので、紛らわしくならないように一度、並べるのがおすすめです。

フロントセクション

リアブレーキとユニバーサルジョイントをそれぞれ組み合わせていき、デフケース(下)へとねじ止めしていきます。その後、デフケース(上)を合わせ、しっかりと固定します。
これで、リアドライブユニットは完成となりました。

フロントセクション

フロントセクションのバルクヘッドにボンネットキャッチを取り付けると、今回の作業は終了です。


本誌には、ファイナルドライブとディファレンシャルに関しての概説が掲載されていましたよ。わかりやすいディファレンシャル内の構造図も合わせて、掲載されていて、理解しやすくなっていました。

それでは、次回また、お会いしましょう。